HOME > スタッフブログ

2019年6月 6日 (木)

賢く時短の作り置きごはん活用!長続きのコツ

Sawa_kabocyatoingen_tp_v  
作り置きっていろんな料理研究家の人が考案してレシピ本もいっぱい、テレビの特集も盛り上がりますよね!
先日のヒルナンデス!でやってたバターチキンカレーの時短テクニックがやりたくて鶏モモ買っちゃうくらい。本当に切羽詰まって「時間も労力も惜しいから効率よく」という方向けってよりも「マンネリしがちな日常で発見や驚きが手軽にできてたのしい!」という所に流行のポイントがあるんだと思います。

いろんなレシピがありますけど、なんか長続きしない、いわゆる「リピはしないかな・・・」って作り置きメニューの法則ってあるんですよね。


私の経験則だと「大量に作っとく系の作り置き」
単純に飽きちゃうってのがデカイです。きんぴらとか切り干し大根とかならまだしも、イカのマリネとか、あまりお弁当にも転嫁できない作り置きは冷蔵庫の場所をとるだけになっちゃう。
あと「レア食材の作り置き」
意外と献立に組み込みにくい!材料費がかさむ!でもおもてなし料理としての派手さがない!っていうのは一回作ってそれっきりに
なってしましますね・・・
漬け込むとおいしい!味が抜群に上がる!で驚いたのはタンドリーチキンとかの肉料理。
焼き上がりの香ばしさが全然違って大発見。タンドリーチキンはもともと漬け込んでなんぼですが、浸け置きレシピがどんどん
簡略化されて効率化して本当に手軽になりました!最高です・・・

Himawariimgp3186_tp_v 

これから夏本番!

傷みやすい時期だからこそ、手軽でぱっぱと楽しめて、知恵を上手に活用したいところ!

当店オススメの水の浸け置きはフレーバーウォーター!!


ハーブやミント、フルーツをミネラルウォーターや純水に浸けておくだけ!

香りがマッチしておいしい、低カロリーで新しい発見に満ちた一杯が出来上がりますよ♫

|

コメント

コメントを書く